宮川悦子 Etsuko Miyakawa

フルート奏者 埼玉 宮川悦子

北海道室蘭市出身。
洗足学園音楽大学音楽学部器楽科フルート専攻を卒業。
コンセールヴィヴァン新人オーディションに合格。
全日本演奏家連盟主催コンクールに入賞。
草加市演奏家協会主催クラシック音楽オーデションに合格。
2007年ハイドンシンフォニエッタ東京とミヒャエルハイドンフルート協奏曲を共演。
フルートを松本亜希子、森圭吾、酒井秀明、清木ナツキ各師に師事。
室内楽を加藤克郎、荻原清次各師に師事。
ピアノを縫部かおり、今野由美子、小川美智子各師に師事。
2013年より能管・篠笛を能楽一噌流笛方一噌幸弘師に師事。
以降度々コンサートで篠笛が登場。一噌師の影響を受け作曲活動も始める。

2015年1月には草加松原を主題とした楽曲『草加松原』を作曲し、国指定名勝「おくのほそ道の風景地草加松原」標識除幕式典にて披露する。

現在は、フルート教室を主宰、また吹奏楽やアンサンブルなど後進の指導に当たるほか、アンサンブル「みたり。」アンサンブルWOODY、アンサンブルエルブ、キバッキートリオ、アンサンブルトラウベになどに参加し、ソロやアンサンブルによる演奏活動を各地で展開中。

また2015年よりインターネットTV草加元気放送局のレポーターとしても活動中。
2016年9月より、明治座ナイトプログラム『SAKURAーJAPAN IN THE BOXー』に出演中。

 

宮川悦子 オフィシャルサイト
http://sepiace.jimdo.com/

Facebookページ
https://www.facebook.com/Flutist.miyakawa.etsuko


コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。